ジスロマックジェネリックならアジー

アジスロマイシンの効果について詳しく解説

アジスロマイシンの効果について

アジーの通販について

アジーは有効成分としてアジスロマイシンという成分が配合されています。このアジスロマイシンという成分は、抗生物質の中でもマクロライド系というカテゴリに属する成分で、非常に強力な抗菌・殺菌作用があります。ここではそのマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンがどういった仕組みで菌を駆除するのか、マクロライド系とは一体どういうものなのか、というのを紹介していきます。

アジスロマイシンの効果

まずアジスロマイシンがどういった効果のある成分なのかについてですが、このアジスロマイシンというのは「人間の細胞とウイルスを見分け、ウイルスの増殖だけを抑制する」という効果がある成分です。もう少し詳細に説明をすると、まず人間の細胞というのはタンパク質が結合し作られているものです。このタンパク質はリボソームと呼ばれる器官の働きによって、作られていくのですが、実はこのリボソームというのはウイルスの細胞にも存在しています。したがって、リボソームの活動だけを一括で止めてしまうと、ウイルスの分裂を防ぎ疾患の治療が可能となりますが、それと同時に人間の細胞分裂にも影響を及ぼしてしまい、非常に危険な症状が現れるようになります。ではどうすればウイルスの細胞分裂だけを止めることができるのかですが、それはリボソームの形などを比較するという方法です。人間の細胞にあるリボソームとウイルスのリボソームというのは、働きことを同じですが形が違っています。したがって、この人間とウイルスのリボソームの違いを基準にしながら、作用するものとしないものを選ぶことにより、ウイルスだけを駆除できるようになります。こういった「見分けて駆除を行う」という働きがあるものというのは、アジスロマイシンなのです。

マクロライド系とは

アジスロマイシンは抗生物質の中でもマクロライド系というカテゴリに属する医薬品です。このマクロライド系といった抗生物質の種類というのは、どういった仕組みによってウイルスを駆除するのか、といった点でカテゴライズされます。

マクロライド系の抗生物質の場合、細胞が分裂する際に必要となるリボソームという器官に影響をあたえることによって、ウイルスの細胞分裂を阻害する事によって増殖を阻止するという働きがあります。ウイルスや細菌というのは非常に寿命が短く、数を増やし続け常に新しい細胞が存在している状態にしなければ、数日で体内のウイルスや最近は全滅します。こういった数を増やさなくした上で自滅するのを待つ、というのがマクロライド系抗生物質の基本的な効果になります。

他の抗生物質の場合、ウイルスの細胞膜を破壊するといった方法で殺菌を行うため、細胞膜を持たないものに対しては効果がありません。しかしマクロライド系の抗生物質であれば、ウイルスや細菌が数を増やすために必ず行う増殖という活動を阻害するため、他の抗生物質が効かないものに対しても効果を発揮してくれます。

まとめ

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、マクロライド系というカテゴリに属する抗生物質です。マクロライド系の抗生物質というのは、体内に存在しているウイルスや細菌の増殖を阻害することによって、体内で菌が増えるのを防止する効果がある抗生物質です。体内のウイルスが増加しなくなると、身体の中にあるウイルスが寿命を迎えてどんどんと自滅していき、最終的には体内からウイルスがいなくなりなるため、ウイルスや細菌による疾患の治療が可能となります。アジスロマイシンにはこういった増殖を阻害させるような働きがあるため、既存の抗生物質でも治療ができたウイルスや細菌だけでなく、細胞膜を持たず、他の抗生物質では駆除ができないようなバクテリアの駆除も可能となっています。