ジスロマックジェネリックならアジー

アジーの効果について詳しく解説

アジーの効果について

アジーの効果について

レビトラ

アジーはマクロライド系抗生物質というカテゴリに該当する医薬品です。抗生物質というのは、体内に侵入したウイルスを駆除する働きがある医薬品のことで、人工的に合成された抗菌性物質や、天然の微生物が生み出した天然の抗菌性物質など、非常に多くの物があります。そしてこのアジーはそんな抗生物質の中でもマクロライドと呼ばれるカテゴリに該当するものであり、非常に優れた抗菌作用があることから、感染症の治療や進行の予防、発症防止などに使用されています。

アジーの効果

アジーは有効成分としてアジスロマイシンという成分を使用した、マクロライド系抗生物質です。アジーの使用効果としては、体内に潜伏するウイルスに対して作用し、感染症などを引き起こすウイルスの増殖防止と殺菌を行います。こういった働きをするため、アジーは抗生物質の中でも効果が強い部類の製品と言われています。

アジーの使用によって治療ができる症状には多くのものがあります。具体的な症状としては、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎といった症状があります。そしてそれらの症状の中でも、特にアジーを使用する人の多い症状として、クラミジアがあります。クラミジアは性感染症の一種で、クラミジア・トラコマチスというウイルスの感染によって発症します。クラミジアを発症すると、男性の場合であれば性器に対しての痛み、尿道からの膿といった症状があり、女性の場合はおりものの増加といった症状が発生するようになります。こういった症状を引き起こすクラミジアに対してアジーは非常に強力な作用があり、身体に掛かる負担を少なくしながらも、非常にしっかりとした治療効果を発揮してくれます。

アジーの特徴

アジーの特徴として、アレルギーを起こしにくいという点があります。アジーの有効成分であるアジスロマイシンは服用時にアレルギー反応が起こりにくいという特徴があります。そのため、他の抗生物質や抗菌薬を使用した際にアレルギー反応が現れたことがあるという人であっても、アジスロマイシンを主成分にしたアジーであれば問題なく服用し、感染症の予防などが行えます。

また、アジスロマイシンを使用した医薬品には成人向けの製品だけでなく、子どもが使用しても影響が出ないように作られている製品があります。そのため、中耳炎など子どもに発症者が多く、細菌が原因となる疾患の治療にもアジーは使用できます。そして抗生物質は胎児に対して影響を与える可能性があるため、妊娠期間中の使用が厳禁となる場合があるのですが、アジスロマイシンは胎児に対して影響を与えないという特徴があります。したがって、妊娠期間中であってもアジーであれば服用が可能となっています。

アジーを製造販売しているシプラ社とは

アジーはシプラ社が製造を行っている医薬品です。シプラ社はインド最大の都市、マハーラーシュトラ州ムンバイに拠点をおく製薬会社です。インドは世界的に見ても製薬会社の数が多い国ですが、その中でもシプラ社はジェネリック医薬品と呼ばれるカテゴリに属する製品の筆頭格メーカーとして知られています。製造している医薬品としては、アジーをはじめとする抗生物質、がん治療に用いる抗がん剤、HIVの進行を抑制する抗エイズ薬を初め、多くの製品を製造しています。

シプラ社が製造するジェネリック医薬品は既存の医薬品を基に製造されているため、基となったものと同等の効果がありながら、販売価格が基になったものよりも低価格であるという特徴があります。したがって、シプラ社の製造する医薬品は医療にかかる費用を抑えたいという世界中の人、そしてインドを初め世界中に存在する十分な医療を受けられない貧困層、国境なき医師団など世界中で医療活動を行う団体に使用されています。

まとめ

インドのムンバイに拠点をおく製薬会社、シプラ社が製造する製品の1つにアジーという医薬品があります。アジーは有効成分としてアジスロマイシンを使用した抗生物質で、非常に優れた抗菌・殺菌作用がある医薬品です。したがって、身体に対して侵入したウイルスなどが原因で発症する感染症を初め、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎といった症状の治療に使用されています。そしてアジーを使用して治療できる症状の中でも、特に治療数の多い症状としてクラミジア・トラコマチスというウイルスが原因で発症するクラミジアという症状があります。このクラミジアという症状は性感染症の一種で、発症によって生気に対しての痛み、尿道から膿の分泌が発生するといった多くの症状が現れるようになります。こういった症状に対してもアジーは非常に有効なため、世界中でクラミジア治療を行う際にアジーが使用されています。